FC2ブログ

Ballet~ときどき美容と食い意地~

~K-BALLET COMPANY 白鳥の湖~
2020-01-29 11:32

ええと、時を戻そう(すみません、ぺこぱさんのフレーズを使いたかっただけなんです)
試験やレポート、レッスンで時間がね…さらさらと過ぎ去ってゆくのです。

それはそれとして。

本日より、K-BALLET COMPANYの白鳥の湖が開演されますね。
中村祥子さんのK-BALLET COMPANYでの白鳥は、これで最後なのですね…。

バレリーナとしても女性としても素晴らしく。
そのお姿も踊りも、メディアを通じて知るお人柄も全部が憧れの祥子さん。

K-BALLET COMPANYをご卒業されても、益々美しく輝かれることをお祈りしております。

そして。
今回、ずっと王子を踊り続けていらした宮尾俊太郎さんのロットバルトも楽しみにしておりました。

宮尾さんといえば、バレエ王子。
その名にふさわしく日頃の佇まいから、既に王子様ですね。
元々恵まれた容姿をお持ちなだけではなく、それを維持向上されているご本人の努力にも心底敬服しております。

これまでに宮尾さんを2度、舞台以外でお見かけいたしました。
セルゲイ・ポルーニンさんの映画の試写会では、白玉のように光り輝いていらっしゃいました。
また、別場でのトークショーの舞台袖では、歩いている後ろ姿が既に麗しかったのです…。

ですが。
そんなことがあり、いつのまにやら自分の中で、とにかく容姿に恵まれた方というイメージが先行してたのかもしれません。

0124『白鳥の湖』宮尾俊太郎(1)

昨日拝見したゲネ(1幕と2幕)では、まず舞台の隅に現れた際に翻るマント(悪魔の羽根ですからロットバルトの一部なわけですね)に、はっとさせられ。
身を縮めて周囲を窺う矮小な表情はどこか、悪魔である自分の存在を憂えるような切ない風情もあり。

空に羽ばたく様(あれは多分、本当に空を飛んでいましたね、ええ)は強く荘厳で。

鍛えられた美しい肉体を存分に使って大きく踊られると、舞台はさながら、宮尾さんが主演のようでした

圧倒的な舞台を支配する力。
ダンサーとしてだけではなく、舞台人としての宮尾さんの力量を改めて思い知らされました。

後進育成もあり、若手の皆さんに王子役をお譲りになってサポートに回られるのかな・・・。
と、この動画を見て思っていたのですが。


いやいや、むしろロットバルトを主人公にしたアナザーストーリーで
舞台をひとつ作っていただきたいと妄想してしまうような、物語性を内包した魅力的な踊りでした。

これは、宮尾さんの新境地となるのかもしれませんね。
今後は振付なども多く取り組んでいかれるようなので、そちらも期待しております!

主演のおひとりである矢内千夏さんも、昨年のお怪我から無事ご復帰されていて何よりです!
昨日のゲネでは、美しく可憐にオデットを演じていらっしゃいました。

お父さまが大工さんで、お手伝いをしたりもされる(!)高橋 裕哉さんのジークフリード。
精密だけれど、新鮮でどこにも変な力が入っていない踊りもとても良かったです。


それと。
ブログにお目通しくださっている方へ、美のおすそ分けが出来ましたら・・・。
アンバサダーとして、Kバレエ様からお写真をお借りしているものです。

0121縲守區魑・縺ョ貉悶 冗泙蜀・鴻螟湘鈴ォ呎ゥ玖」募悼 2

0121縲守區魑・縺ョ貉悶 冗泙蜀・鴻螟湘鈴ォ呎ゥ玖」募悼 1

0124縲守區魑・縺ョ貉悶 丞ー乗棊鄒主・暗怜 蜀・ー・ケウ

0124縲守區魑・縺ョ貉悶 丞ー乗棊鄒主・暗怜 蜀・ー・ケウ 縺昴・2

0124縲守區魑・縺ョ貉悶 乗・逕ー邏怜シ・

0124縲守區魑・縺ョ貉悶 冗區魑・縺溘■

まだまだ色々書きたい思いはありますが・・・。

とりいそぎ、公演情報のリンクを貼っておきますね。
Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Winter 2020『白鳥の湖』

皆さま、どうか良き一日をお過ごしください。
スポンサーサイト